• Language

トンプソン・オカナガン

穏やかな丘陵、切り立った渓谷、果実が実る谷、一面に広がるぶどう畑など、豊かな自然とその恵みを満喫できるトンプソン・オカナガンエリア。湖に沿ってお気に入りのワイナリーを探して巡るのも醍醐味です。

主な観光ポイント

  • 街・エリア

  • バーノン(Vernon)

    オカナガン湖の北端にある素朴な街。ダウンタウンには街の歴史を描いたカラフルな壁画が並びます。周辺は伝統的なフルーツ産地で、数世代にわたって続く大規模な果樹園も点在。また草原や丘陵、湖の自然を楽しめる州立公園もあり、ハイキングやキャンプなどアウトドアスポーツも盛んです。また冬はシルバースターなどスキー場へのゲートウェイとしても便利。


  • ケローナ(Kelowna)

    オカナガン湖に面した、オカナガン地方最大の街。湖周辺に広がるなだらかな丘陵には果樹園やゴルフ場、ワイナリーなどが点在し、夏のリゾート地として地元の人々で大いに賑わいます。ちなみにケローナは先住民オカナガン族の言葉で、「グリズリー」を意味します。

    ケローナ 詳しくはこちら


  • サマーランド(Summerland)

    オカナガン湖の西岸、ジャイアント・ヘッドという大きな山を囲むように、でこぼことした丘が連なるユニークな地形の中にあります。その丘陵と湖の風景を楽しむハイキングやマウンテンバイクが人気。ケトルバレー・スチーム・トレインもこの山奥から出発します。


  • ペンティクトン(Penticton)

    オカナガン湖とスカハ湖に挟まれた、ウォーター・アクティビティのメッカ。オカナガン湖東岸にはナラマタ・ベンチと呼ばれる著名なワイナリーが集まる地区があり、カナダ中からワイン愛好家達が集まります。市内のBCワイン・インフォメーション・センターでは、好みのワイナリーを紹介してくれたり、試飲コーナーや300種以上のワインを揃えるワインショップも。

    ペンティクトンの情報はこちら


  • ナラマタ(The Naramata Bench)

    ワインで有名なオカナガンで、特にワイン愛好家に注目されているのが、ナラマタ・ベンチ(段丘)と呼ばれるエリア。ペンティクトンのすぐ北、オカナガン湖東岸にあるナラマタの町を中心に南北に延びる約16kmのシーニックドライブ沿いには、23のワイナリーが密集しています。小さいながらも土壌と日照に恵まれ、絵に描いたように美しいこのエリアでは、人々の温かさとワインへの情熱を感じることができます。

    The Naramata Bench(英語)


  • オソヨース(Osoyoos)

    オカナガン・エリアの最南にあり、アメリカとの国境に接するこの町は、乾いた気候と「カナダでもっとも暑い場所」として天気予報にたびたび現れることで有名です。そのおかげでオカナガン地方でも優秀な赤ワインが産出されるエリアになりました。「カナダでもっとも温かい淡水湖」と呼ばれるオソヨース湖での水遊びも楽しいリゾート地です。

    オソヨースの情報はこちら


  • カムループス(Kamloops)

    町の名前は先住民シュスワップ族の言葉で「川の出合う場所」という意味。ノース・トンプソン川とサウス・トンプソン川の合流点で、古くから毛皮交易の要地として栄えました。周辺には200以上の湖が点在し、トラウト・フィッシングのメッカにもなっています。乾燥した大地から水と緑あふれる丘陵地帯へのゲートウェイです。

    カムループスの情報はこちら


  • クリアウォーター(Clearwater)

    「水の公園」といわれるウェルス・グレイ州立公園への入り口にあります。公園は有名な落差141mのヘルムケン滝をはじめ、ラフティング、カヌー、ハイキング、乗馬が楽しめるアウトドアスポーツのメッカ。クリアウォーター川沿いにはゲストランチやB&Bも多く、多くの人々が訪れます。


  • ブルー・リバー(Blue River)

    1920年代の大陸横断鉄道の敷設に伴い作られた小さな村ですが、現在はオーストリア出身のマイク・ウィーグリーが1988年にオープンさせた高級リゾート、マイク・ウィグリー・へリスキー・リゾート(Mike Wiegele Heli-Ski Resort)でその名を知られています。冬はヘリスキー、夏はヘリ観光やヘリハイキングが楽しめます。


  • スキーリゾート

  • サンピークス(Sun Peaks)

    カナダを代表するスキー場の1つで、カムループスから車で約45分のトッド・マウンテンにあります。晴天率も高く、ドライ・パウダーに恵まれたスキーリゾート。比較的緩やかな斜面が多く、手入れされたゲレンデは、ファミリーを始め、一般スキーヤー向けです。


  • シルバースター(Silver Star)

    オカナガンのほぼ中央、ケローナから車で約1時間のバーノンにあるスキー場で、さらさらとした“シャンパン・パウダー”と呼ばれる雪質が自慢のスキー場。BC州で初めての6人乗り大型チェアも導入されています。またダウンヒル以外にもクロス・カントリー・トレイルが充実。

    シルバースターの詳細はこちら


  • ビッグホワイト(Big White)

    オカナガンで一番の標高(2,319m)を誇るスキー場。年間平均降雪量は7.5mにも及び、豊富な積雪がセールスポイントです。ゲレンデ上部には雪が凍り付いた樹氷(スノー・モンスター)がたくさん。高い標高のおかげで、曇っていてもゲレンデは雲の上で快晴なこともたびたびです。

    ビックホワイトの詳細はこちら


  • 国立・州立公園

  • マウント・ロブソン州立公園(Mount Robson Provincial Park)

    カナディアン・ロッキー最高峰(3954m)のマウント・ロブソンを擁する、カナディアン・ロッキー山岳公園群の西端に位置する州立公園。古来この地に暮してきた先住民は、この山を「巻き上がった道の山」と呼び崇めていました。空に突きだすように聳えるその堂々たる雄姿は、今も見る人を圧倒します。この公園の最大の楽しみは、やはりマウント・ロブソンを見上げながらのダイナミックなハイキング。山の麓を中心にたくさんのトレイルが整備されています。


  • ウェルス・グレイ州立公園(Wells Gray Provincial Park)

    別名「水の公園」と呼ばれている、カムループスの北約120kmにある州立公園。樹齢500年を超える原生林の森があり、ブラックベアやムースなど野生動物も多く生息しています。氷河湖や滝も多く、特にカヌーを使ってのキャンピングは人気があります。他にもハイキングやフィッシング、乗馬などのアクティビティも。道路沿いに設けられた展望台からは、公園のシンボルにもなっている高さ141mのヘルムケン滝を望むことができます。

    Wells Gray Provincial Park(英語)


  • おすすめハイキングスポット

  • TCT オカナガン Trans Canada Trail Okanagan

    トランス・カナダ・トレイル(TCT)は、カナダの西海岸ブリティッシュ・コロンビア州から、北米の最東端ニューファンドランド州まで、大陸を横断して2万3000kmにわたって続くウォーキング・トレイルです。


  • ケトル・バレー・トレイル(Kettle Valley Trails)

    鉄道の廃線跡を利用した、ユニークなハイキング&サイクリングコース。ロック・クリークとペンティクトンを結ぶ軌道は、鉄橋や木造の橋、トンネルなどを通っていく風光明媚なものです。コースのハイライトは、マイラ・キャニオン地区の約12km。18の鉄橋と2つのトンネルがあり、素晴らしい景観が楽しめます。トレイルからはあちこちに道路へのアクセス・ポイントがあるので、トレイル沿いに約20軒点在する小さなワイナリーに立ち寄ってみるのもおすすめです。
    【ルート】1時間から3時間程度まで自由に距離をアレンジ可能。高低差はあるが、北側から歩き始めれば全行程緩い下り坂。


  • サマーランド(Summerland)

    サマーランドは“世界で最も果物に適した土地の一つ”と言われるほどに恵まれた、果樹園の王国です。春先から初夏にかけては、アプリコットや黄桃、チェリー、リンゴと次々に花が咲き乱れ、町は微かな甘い香りに包まれます。ここを通るTCTのルートのハイライトは、トラウト・クリークの深い谷間に掛けられた鉄橋。橋から谷底までの高さは73mもあり、橋からの眺めはなかなかスリリングです。北米でもこれだけの高さに架けられた鉄橋は他にあまり例がありません。

    【ルート】プレーリー駅からトラウト・クリーク鉄橋まで約2時間半。高低差は200m程度だが、西から歩けばほぼ全行程下り坂。


  • その他のみどころ

  • アダムスリバーのサーモンの遡上(Adams River)

    4年に一度、太平洋から450kmも遡ったアダムスリバーに、200万匹を越えるサーモンが産卵のために現れます。急流にあらがい、幾多の障害を乗り越えてたどり着いたサーモンが、川を真っ赤に染めながら産卵する姿には、誰もが感動を覚えることでしょう。大遡上は2014年, 2018年と、冬季オリンピックの年に合わせてやってきます。

    Adams River Salmon Society(英語)


  • 果樹園ツアー(Fruits & Orchard)

    カナダでも有数のフルーツベルトであるオカナガン地方では、6月のサクランボから始まり、10月末まで収穫できるリンゴまで、果樹園ツアーや、U-Pickと呼ばれる果物狩りが楽しめます。ほかにもハチミツ農場やラベンダー畑を訪ねて、オリジナル商品を買い求めてみるのも、旅の良いお土産になるでしょう。


  • ◎ デイビソン・オーチャーズ(Davison Orchards)

    バーノン近郊で家族代々で経営している、観光にぴったりのオカナガン最大級の果樹園。メインとなるリンゴは25種類も栽培しています。ファーマーズ・マーケットを併設しており、果樹園でその時期に採れたフルーツや野菜はもちろん、ローカルの人たちが作ったチーズやソーセージなどもあわせて購入できます。春から秋にかけては、園内をかわいい連結カートで巡るツアーもあり。併設のベーカリーやカフェでは、古くからデイビソン家に伝わる手作りアップルパイやスコーンなどのスイーツが人気です。

    Davison Orchards(英語)