• Language

ハイダ・グアイ(クイーン・シャーロット島)

ハイダ・グアイ(クイーン・シャーロット島)は、アラスカとの国境近くの沖合に浮かぶ、大小数百の島々からなる群島です。

遊び方・楽しみ方

  • カヌー&カヤック(Canoe & Kayak)

    大小の島々からなるハイダ・グアイは、カヤックで巡るにはぴったりなエリアです。特に南部のグアイ・ハアナス国立公園を回るツアーは大人気。ただし周辺の海は天候の急変や激しい海流でも知られており、個人での旅は十分な準備と豊富な経験を持つエキスパート向けと言えます。多くの会社がさまざまツアーを催行していますので、ツアーに参加するのがお勧めです。


  • 先住民文化(Aboriginal Culture)

    ハイダ・グアイに代々住んできたハイダ族は、豊富な食料と温暖な気候のおかげで、芸術や文化を高いレベルで維持してきた民族です。そんな彼らも19 世紀にヨーロッパ人が持ち込んだ天然痘で、一時は7千人を超えた人口が500人まで激減してしまいました。彼らの歴史に、過去の集落跡や朽ちつつあるトーテムポールを通じて触れてみましょう。歴史に取り残されたかのようにひっそりと、しかし現在でもこの地に深く刻み込まれ、多くの人の心を惹きつけ続けているハイダ文化に是非触れてみてください。


  • アートギャラリー(Art Galleries)

    ハイダ・グアイには先住民族のアートをはじめ、さまざまなアート・ギャラリーがあります。多くはグラハム島のクイーン・シャーロット・シティや、マセットの町にありますが、人里離れた田舎にポツンとある小さなギャラリーにも見逃せないアートが隠れているかもしれません。


  • フィッシング(Fishing)

    ハイダ・グアイ周辺の海域は大物が狙える人気のエリアです。とくにグラハム島には大型のサーモンやおひょうを目指して多くのフィッシャーマンが集まります。専用の水上飛行機でバンクーバーから乗り入れるデラックスなリゾートから、1日チャーター可能な釣りガイドまで、予算に合わせていろいろな釣りが楽しめます。